MENU

CLOSE

AGA治療薬をバックアップ!頭皮ケアの方法まとめ

AGA治療薬をバックアップ!頭皮ケアの方法まとめ

109views

カテゴリ:未分類

AGA対策と頭皮ケアの関係について

薄毛原因の約9割を占めていて、成人男性のおよそ3人に1人が抱えているといわれる症状が「AGA(男性型脱毛症)」です。主に遺伝が原因で発症する症状とされており、一度でも発症するとミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬を使用しないかぎり症状の進行が止まることはありません。

そのため頭皮ケアを行うだけでは十分なAGA対策になりませんが、頭皮ケアをしっかりと行うことでAGAを発症するリスクを軽減したり、症状の進行を遅らせる効果が得られます。また、せっかくAGA治療薬を使用しても頭皮が固かったり毛根に皮脂が詰まっているなどの理由で頭皮環境が悪化していると、治療薬が持っている効果が十分に発揮されません。

そのため頭皮ケアを行って頭皮環境を整えることは、頭皮の血行が改善されることでAGA治療薬の成分が毛根まで届きやすくなったり、治療薬の効果で発毛した髪の毛がしっかりと育ちやすいなど、AGA治療薬の効果を高めることに繋がります。

主な頭皮ケアの方法

1.育毛シャンプーを使用する

一般の家庭で使用されている安価なシャンプーの多くには、石油系界面活性剤という成分が含まれています。泡立ちが良いため洗い心地が優れており、強力な洗浄力を持ちながらも低コストなので多くのシャンプーに使用されている成分です。

しかし、その強すぎる洗浄力が原因で、頭皮環境を維持するために必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、様々な外的刺激から頭皮を守る役割を担っているバリア機能を破壊するなど、頭皮環境を悪化させる原因になる成分でもあります。

育毛シャンプーには石油系界面活性剤ではなくてアミノ酸系界面活性剤が含まれているため、頭皮が必要とする皮脂を残した上で頭皮環境を清潔に保つ効果を発揮します。そのためAGAなどが原因で薄毛を気にしている方は、一般的に使用されている安価なシャンプーではなくて、育毛シャンプーを使用して頭皮ケアを行うことが大切です。

2.頭皮マッサージを行う

頭皮ケアの代表的な方法の一つが頭皮マッサージです。お金をかけず簡単に行うことが出来る上に、固くなった頭皮を揉みほぐして頭皮の血行を改善したり、毛根に詰まった皮脂などの汚れを押し出してAGA治療薬や育毛シャンプーの成分が浸透しやすい状態にするなど、様々な効果が得られる頭皮ケアの方法です。

頭皮ケアを行う際には爪を立てたり手に力を入れすぎることで、頭皮を傷つけないように注意することが肝心です。そのため指の腹を使って優しく頭皮にマッサージを施しましょう。また頭皮マッサージは入浴時に行うことで、さらに効果を高めることが出来ます。

3.食生活を改善する

脂肪分が多くて高カロリーな食事を中心とした食生活を送ることは、頭皮の皮脂分泌量が増加する原因になります。そして頭皮の皮脂分泌量が増えすぎると、皮脂に塞がれた毛穴で炎症が起きるなど頭皮環境が悪化する原因に繋がります。

また、こうした食事は血液中の中性脂肪を増加させるため、頭皮の血流が悪化して髪の毛に必要な栄養分が届けられない状態を引き起こす原因になります。そのため、バランスの良い食事を摂ることが頭皮環境を改善する上で大切です。

4.適度に運動する

適度な運動を行うことで身体の血流が促進されます。そのため頭皮の血行も改善されて、髪の毛が必要とする栄養分がしっかり届けられるなどの効果が得られます。また、ストレスが原因で起きる血管の収縮による血行不良は頭皮環境を悪化させて髪の毛に悪影響を与える原因になりますが、適度な運動を行うことでストレス解消の効果も得られます。

5.質の良い睡眠をとる

髪の毛に関わる細胞を新しく作り出したり傷ついた細胞を修復するなどの役割を持った成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。睡眠時間が不足していたり睡眠が浅かったりすると、成長ホルモンの分泌量が低下するため頭皮環境の悪化に繋がります。

そのため、頭皮環境を健全に保つためには質の良い睡眠をとることが大切です。とくに22時から2時の間はゴールデンタイムと呼ばれるもっとも成長ホルモンの分泌が活発な時間帯なので、この時間帯に睡眠をとることでより高い頭皮ケアの効果を得られます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事