MENU

CLOSE

AGA治療薬の種類と効果・持続期間・費用まとめ

AGA治療薬の種類と効果・持続期間・費用まとめ

96views

カテゴリ:未分類

AGAの治療薬の種類と時間

AGAの治療薬は一般的なもの以外でも効果が高い

AGAの治療薬は頭皮ケアに最適な治療と言われており、現代の技術では簡単に治療を受ける事が可能です。髪の悩みを解決するための対策によい方法で治療薬の種類も豊富にあります。一般的にクリニックなどで処方されている薬の他にも個人で輸入した薬などがあります。

確実に効果があるとは言えませんし、人によって治療スピードの違いはありますが、これを求める人が多いのは事実です。公式でよく言われる有名なプロペシアやロゲインの他にも様々な薬があるのも事実です。素人にはどれも同じ薬の様に感じますが、その効果の違いから使う薬を考える人も多くなっています。

  • プロペシア
  • ロゲイン

上記の2つが一般的に知られている薬ですが、プロペシアの方は脱毛抑制と薄毛改善の効果があります。又、ロゲインは発毛促進の効果があると言われており、それぞれに効果の違いがあります。きちんと医師に自分の症状を把握してもらった上で、最終的に自分で薬を決めるのが普通です。

ジェネリック医薬品にも効果の高い薬が多い

ジェネリック医薬品は低コストのため続けやすいのが特徴で、こちらの治療薬も人気の種類が多くなっています。ジェネリック医薬品の種類は以下の通りです。

  • フィンペシア
  • エフぺシア
  • フィナロ

ジェネリック医薬品は長期間続けられる人が続出したため、インターネット上でもおすすめされる程となり、医師もそれを知っています。クリニックの公式サイトでも紹介されており、最近では低コストのこちらを利用する人も多いです。頭皮ケアとして申し分ない効果やAGAの対策として進化を遂げています。

どの薬も脱毛抑制と薄毛対策がメインで、自分の薄毛の進行具合から治療薬を決めるとよいです。配合される成分が同じのため、効果もさほど変化はありませんが、ジェネリック医薬品の方が安いのは事実です。どちらを利用するかはリスクや危険性を聞いてから始めると安心です。

最近では「サガーロ」と呼ばれる新薬も開発されており、従来の治療薬で効果が期待できなかった人や実感できなかった人に効果を示しているレポートもあります。この様にAGA治療は日々進化を遂げており、新薬による悩み解決も進んでいます。

AGA治療薬の持続時間の実態

AGA治療薬は次に飲むまでどの位、持続時間があるのか?

AGA治療薬を飲み続ける事を決心した又は始めようと思う人が気になるのが持続時間です。厳しく言えば、年齢と共に薄毛は進行するので、ずっと使い続ける事をおすすめしています。

しかし、悩み続けるくらいなら使った方がよいので、それを理解した上で続けている人もいます。やはり、髪の悩みを気にしないのは難しい様でインターネット上でも悩みを抱えた人をよく見ます。できれば、医師に相談の上で一生使い続ける決心をした方がよいでしょう。

もちろん、持続時間は飲み続ければ活性化するので、効果が切れる事はありません。少しずつよくなるのが普通なので、飲み続ければそれだけ効果も実感できる可能性があります。平たく言えば、持続時間についてはずっと続ければよいだけなので、飲み続けている人は気にする必要はありません。それでも、医師に何の相談もなく適当にしているよりは相談した方が遥かに効果があります。

たとえば今の治療薬とは違うものを飲んだ方がよくなる時期が来るかも知れません。一度その薬に決めたからと言って安心せずに、定期的に医師に相談する事を考えるのも大切です。定期的に検査していれば次の相談まで持続時間があると考えても間違いではありません。そうは言っても、飲み方を適当にするのも問題なので、きちんとしておきたいです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事