MENU

CLOSE

AGAになる人の特徴とは!?AGAの発症や悪化の原因まとめ

AGAになる人の特徴とは!?AGAの発症や悪化の原因まとめ

278views

カテゴリ:未分類

AGAを発症する主な原因について

薄毛原因のおよそ9割を占めており成人男性(20歳〜69歳)の3人に1人が抱えているといわれる症状がAGA(男性型脱毛症)ですが、主に遺伝的な要因という先天的な原因で発症するといわれています。髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返し、成長期に太くて強い髪の毛へと成長を遂げます。

これを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びますが、AGAを発症すると成長期がとても短くなり、髪の毛が十分に成長する前に退行期へと移行します。そのため細くて抜け落ちやすい髪の毛が増えるなど薄毛の症状が進行するのですが、この状態を引き起こす原因物質が「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの一種であり、このDHTを生成する物質が「5α-還元酵素」です。

そして、遺伝によって体内で5α-還元酵素の分泌量が多かったり、生成されたDHTと髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)が結びつきやすい体質になる可能性があります。この場合、どれだけ頭皮ケアや生活習慣の改善などの薄毛対策を行っても、AGAを発症して薄毛が進行する可能性が高いといえます。

AGAが悪化する主な原因について

アルコールの過剰摂取

飲酒により体内に吸収されたアルコールは、肝臓で分解されてアセトアルデヒドという毒性を持った物質に変化します。通常はさらに肝臓で分解されて無害な酢酸になり、最終的には水と二酸化炭素に変わって体外に排出されます。

しかし大量の飲酒などでアルコールを過剰に摂取した場合は体内に吸収したアルコールを肝臓が分解しきれずに、毒性をもったアセトアルデヒドが血液にのって全身に流れます。その時にアセトアルデヒドが、体内にあるテストステロンをAGAの原因物質であるDHTに変えてしまいます。

そのため、アルコールの過剰摂取はAGAの症状を悪化させる原因になります。また体内でアルコールが分解される際に、髪の毛の成長に必要なビタミンやミネラルなどが消費されて髪の毛の成長が妨げられることもあるため、薄毛が気になる方はアルコールの過剰摂取を控える必要があります。

ストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れるため、血管が収縮して体内の血流が悪化します。そのため慢性的なストレスによる頭皮環境の悪化が、AGAなどが原因で起こる薄毛の症状を悪化させます。またAGAに次いで多い薄毛原因がストレス性の脱毛症なので、薄毛を予防したり症状を緩和したいと考えている方は、適度な運動を行ったり趣味に没頭するなどしてストレスを解消することが大切です。

喫煙

AGAの原因物質であるDHTがヘアサイクルを乱して、髪の毛の正常な成長が妨げることで薄毛の症状が悪化しますが、米国のハーバード大学公衆衛生学部によって喫煙者は非喫煙者と比較して体内にあるDHTの量が13%も多いことが指摘されています。そのため喫煙がAGAの症状を悪化させる可能性が高いことが指摘されています。

またタバコに含まれているニコチンには身体の血流を悪化させる作用があるため、喫煙は髪の毛が成長するために必要な栄養分や酸素などの供給を妨げて、薄毛を引き起こす原因に繋がります。そのためAGAなどが原因の薄毛治療を行っていたり、将来の薄毛が気になる方などは禁煙することが大切です。

食生活の乱れ

頭皮環境の悪化は頭皮に使用するAGA治療薬や育毛剤の効果が半減するなど薄毛対策に悪影響を及ぼすため、AGAなどが原因で薄毛に悩んでいる方は頭皮ケアが大切です。しかし食生活の乱れは頭皮環境を悪化させるため、AGAの症状を進行させる原因に繋がります。

そして、こうした症状を引き起こす原因になりやすいのが高カロリーな食事の摂取です。脂肪分や糖分などを多く含んでいる高カロリーな食べ物を頻繁に摂取していると、頭皮の皮脂分泌量が増加して毛穴が皮脂に塞がれます。その影響により、髪の毛の正常な成長が妨げられたり頭皮で炎症が起きるなどの頭皮環境の悪化を招きます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事