MENU

CLOSE

これでわかる!AGAに有効な治療法はランクで判断しよう

これでわかる!AGAに有効な治療法はランクで判断しよう

82views

カテゴリ:未分類

AGAの症状は遺伝と環境

AGAの症状が表に出てくるかどうかは、その人が元々持っている遺伝的な性質と生活している環境によってほとんど決まっています。AGAは男性型脱毛症で、遺伝的に薄毛の症状になりやすい性質があり、他の薄毛の症状とは決定的に異なっていることがいくつかあります。

  • 性質が医学的に解明されている
  • 医薬部外品では回復が見込めない
  • 症状が出ると長期で続く

上記の中でも、AGAを発症している多くの患者が誤解をしているのが医薬部外品に関してです。一般の市場には、頭皮ケアに関する数多くの製品が登場しており、もちろんこれらの製品を利用すると薄毛を抑えたり育毛や発毛の手助けにすることができるものも存在します。

しかし、AGAの患者の場合は少し特殊で、薄毛の原因が医学的にほとんど解明されている以上、その原因を取り除くための特定の医薬品でしか根本的な脱毛症の解決にはならないのです。

例えば、育毛や発毛をするためには髪の毛の主成分であるタンパク質をより効率的に摂取して、質の良い髪の毛を育てたり発毛するための環境作りをしっかりと行わなくてはいけません。これ自体は正しい行為であり、AGA患者ではない人がこうした頭皮ケアや環境作りをすると大きな効果を発揮することはあります。

しかし、AGAの患者の場合はそもそも新しい髪の毛が仮に生えてきたとしても、発毛を阻害する原因物質の影響によって、必ず最後まで新しい髪の毛が成長することなく髪の毛が脱毛してしまうのです。

自然と髪の毛の質が悪くなっていき、最終的には髪全体のボリュームを失い、前頭部や頭頂部に特徴的な薄毛の症状が出てきてしまいます。ですから、AGAを治療しようと考えている人は必ず相応の対策をクリニックや医師に教えてもらわなくてはいけません。

治療や対策はランクで簡単にわかる

AGAは、遺伝的な性質を持っているところにストレスなどの要因が絡んで発症します。男性ホルモンが、5aリダクターゼという酵素と接触して変異し、DHTという悪玉の物質によって脱毛症が引き起こされます。DHTは、育毛や発毛に必要な体毛のサイクルを乱して、人間が本来有している髪の毛やそれに伴う細胞の正しい運動をさせなくしてしまいます。

ですから、AGAを治療するためにはDHTの働きを無効化させ、AGAが発症する前に正常に働いていた毛髪や細胞の状態を元に戻す作業が必要になるのです。そして、こうした毛髪や細胞の正常な働きを取り戻すための治療は、専門的な医薬品や手術によって行われることが通常です。

実際に、AGAに関してはそれぞれの薬や治療法に対して、AGAを治療するための効率的な方法かどうかに関してのランク付けが存在しています。これは、日本皮膚学会と呼ばれる学会が治療における推奨度としてランク付けしているものです。つまり、治療における医学的なお墨付きが高いものがきちんと存在していることを意味します。

  • Aランク…フィナステリド、ミノキシジル
  • Bランク…自毛植毛

Aランクに推奨されているものは、治療や対策として非常におすすめできるものであると考えられているものです。フィナステリドというのは、一般的にはプロペシアと言う薬で提供されていますのでこれを利用することで治療ができます。Bランクというのは、Aランクほどには強く推奨はされていませんが、医学的な根拠があって推奨できるものとして分類されています。

そして、実はこれら以外の方法に関してはCランク以下として分類されていて、Cランク以下のものに関しては医学的にAGA治療に関する治療や対策としての根拠が乏しいと判断されているのです。ですから、AGA治療についてはAランクやBランクで推奨されている方法を選択しておけば間違いないでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事