MENU

CLOSE

AGA治療薬の副作用は?発症の確率と症状

AGA治療薬の副作用は?発症の確率と症状

96views

カテゴリ:未分類

AGAの原因と対策をみる

頭皮ケアだけでは治せないAGAってどんな症状?

髪が抜けにくくなるようにたくさん栄養を摂ったり、頭皮ケアを念入りに行うことは確かに効果があるでしょう。しかしAGAの症状に関してはそれだけでは不十分です。AGAとは男性ホルモンであるテストステロンと酵素が反応することで生まれるジヒドロテストステロンという物質によるもので、これが強い脱毛作用をもたらします。

AGAによる脱毛は円形脱毛症のように急には起きませんが、局地的に進行していくという特徴があります。男性型脱毛症とも呼ばれるAGAですが、男性の頭を見てみると、頭頂部や側頭部、前頭部など髪の毛が抜けた部分とそうでない部分の差がはっきりしていますね。それに対して女性の脱毛は全体的に薄くなっていく特徴があります。また、AGAには後頭部と側頭部の髪の毛が残りやすいという特徴もあります。

AGAの治療のためには何をすればよいの?

AGAはジヒドテストステロンによるものですが、その原因が何なのかは分かりづらいですし自己流の対策はかえって頭皮を悪くします。そこで病院やAGAの専門クリニックへ行きましょう。病院の場合は診療科は皮膚科や内科になります。AGAだと診断をされればそれに合わせて医薬品が処方されるので、医師と相談しながら服用します。AGAは自由診療なので値段は高めです。

AGA治療薬の副作用、その症状と確率を考える

AGA治療ガイドラインによると…

AGAの治療は病院で行われるもののほかに、AGAクリニックが独自に行っているAGA対策もあります。しかし、その中には誇大広告がされているものや、効果は期待されるけれどまだ実証が不十分なものもあり、それらはAGA診療ガイドラインに記載されています。

その中で科学的根拠が十分なものはフィナステリド内服とミノキシジル外用です、フィナステリドはわが国ではプロペシアという名前の薬で処方されています。よって、副作用についての紹介もこの2種類の治療薬について行います。

ちなみに、それなりに効果があると考えられるのは自己植毛です。それ以外の治療法は薬を使うものもそうでないものも根拠が十分とは言えない状況です。そのなかで、「根拠はないけれど効くかもしれない」とのはケトコナゾール外用やアデノシン外用などです。実は市販のシャンプーにも含まれているので意識して選ぶことはお勧めです。

プロペシア

まず、プロペシアはジヒドロテストステロンというAGAの原因が生まれないように抑える薬です。ジヒドロテストステロンは、テストステロンと酵素が反応することで生成されるため、プロペシアはその酵素の働きを阻害します。つまり、AGAのもとに直接作用する薬と言えます。効果は実証されていますが、脱毛を止めるにすぎない点は注意したいところです。

そんなプロペシアの副作用は臓器の不調やED(勃起不全)です。特に重大な副作用は肝機能障害で、異常があったらすぐに使用をやめる必要があります。とはいえ、副作用が発症する確率は4%ほどです。また、起きやすい副作用はEDや性欲減退という結果も出ています。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルは、降圧剤として使用される薬でもあり血行を良くしてくれます。これを頭皮に塗ることで頭皮の血流を良くし、髪の毛へ豊富な栄養を送ります。副作用として考得られるのは眠気や頭痛、むくみ、頭皮のかゆみなどですが、最も発症しやすいのは頭皮のかゆみです。しかし、副作用の発症確率は10%以下なのでそこまで重く考えなくてよいと言えます。

ただし、ミノキシジルの内服(ミノキシジルタブレット)はわが国では認可されていません。個人輸入で買う人もいますが効果や副作用については自己責任となります。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事