MENU

CLOSE

近頃注目のHARG療法!成長因子注入で発毛効果が長く続く!

近頃注目のHARG療法!成長因子注入で発毛効果が長く続く!

190views

カテゴリ:未分類

男性でも女性でも薄毛の治療が出来るHARG療法

HARG療法と言う最先端の毛髪再生医療が近頃注目されています。男性の薄毛は男性ホルモンが原因になっているAGA男性型脱毛症と言う症状であることが多いです。このAGAと言う症状にはフィナステリド錠と言う有効な内服薬があります。

しかし男性用のため女性は使用出来ないです。ミノキシジルと言う外用薬の成分も濃度を薄めないと女性は使用出来ないです。しかしHARG療法では人の幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に注入しており、フィナステリド錠やミノキシジルと違い男性でも女性でも薄毛の治療が出来ると言うメリットがあります。

患者本人から抽出した成長因子のために医薬品に用いる成分のような副作用やアレルギーの心配もほぼ無いです。安全性の高い薄毛治療となっています。さらに直接毛母細胞に成長因子を届けている関係上、育毛剤による頭皮ケアよりも効果が出やすいです。

HARG療法の流れは

まずはHARG療法を行っている医療機関選びから始めます。一般病院の皮膚科では行われていないため、HARG療法認定施設を選んで下さい。その次に医療機関に来院し、カウンセリングを受けます。HARG療法ではどんな治療が行われるのか、リスクはあるのか、いつまで受ければ良いのか、費用は幾らかかるのかなど分からないことは質問して下さい。

分かり易い説明が受けられる医療機関だと安心感が高まります。説明に納得出来たらいよいよ治療のスタートです。多種類の成長因子が含まれている発毛カクテルを頭皮に直接注入していきます。成長因子により休止期に入っていた毛母細胞が活性化し、再び増殖を始めます。

HARG療法の回数は

HARG療法では1クール6回が基本となっています。3週間から1か月ごとに治療を受け、発毛状態を見ながら1クール以降も続けるかどうか判断します。個人差があるものの早ければ3回ほどの回数で発毛が見られ始めます。平均半年から1年ほどで実感できることが多いです。治療後は自宅で無添加の頭皮ケアシャンプーなどで育毛対策を行うとさらに有効です。

注入方法は

HARG療法では注射器を用いる注入方法が一般的となっています。しかし注射針を刺すときに痛みを伴うと言う欠点があります。医療機関によっては痛み対策としてノンニードルHARG療法を導入している場合があります。

この注入方法では炭酸ガスの圧力を用いて30ミクロンと言う小さな穴を開け、その穴から発毛カクテルを頭皮に注入しています。蚊が針で刺したときの穴より小さい上に、注射針を刺さないために注入時の痛みが殆ど無いと言うメリットがあります。

HARG療法の費用は

HARG療法はAGA治療の中でも高額と言うデメリットがあります。医療機関によって費用が異なるものの、1クールで120万円ほどかかると言われています。1クール後も治療が必要な場合はさらに費用がかかります。しかしフィナステリド錠やミノキシジルは使用を中止するとまた症状が始まり出してしまいます。長い期間継続することが必要で、1か月当たりでは安くてもトータルではかなりの費用がかかることがあります。

HARG療法を受けると幹細胞自ら成長因子を分泌するようになります。そのため治療後も発毛が継続するため、延々と費用がかかり続けることは少ないです。支払方法は医療機関によって異なるものの、現金やクレジットカードや医療ローンなどがあります。現金払いでは厳しいと言う時に便利なのが医療ローンです。60回と言った長期の分割払いができる医療ローンが多くなっています。

高額な費用がかかっても支払いしやすいです。医療ローンは医療機関では無く信販会社が提供していることが多いです。そのため信販会社の審査に合格することが必要です。さらに金利手数料が発生するため、支払回数はなるべく少なくして下さい。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事