MENU

CLOSE

AGAは遺伝子で決まる?それでも絶望してはいけない理由とは

AGAは遺伝子で決まる?それでも絶望してはいけない理由とは

90views

カテゴリ:未分類

AGAの発生率はある程度遺伝子に左右される

AGAの発生率はある程度遺伝子で決まることがわかっており、AGAになりやすい遺伝子を調べるための遺伝子検査キットの販売や、AGA治療専門クリニックでの検査も盛んになっています。これはAGAがどのような原因で起こるか解明されているからです。

一方で、原因はわかっていても個人によって生まれ育った環境などが異なってくるため、遺伝子上AGAになりにくい人の薄毛が進行してしまう場合や、AGAになりやすくても薄毛にならない人が生まれています。遺伝子を調べてわかるのは、あくまで薄毛になりやすいかどうかで、確実に薄毛になるかどうかではないのです。

そのため、頭皮ケアや適切な治療を組み合わせることで進行を防ぐことや、改善を図ることも可能になっています。遺伝子に合わせて治療方法を選択し、生活習慣に踏み込んで改善を目指すなど様々な治療法も生まれています。遺伝子の検査を受けても、その結果をどう生かすかが大切です。注意したいのが、遺伝子の検査は費用や時間が掛かることが多く、一般的な検査として認識されていない点です。

遺伝子を検査しなくても、AGA治療クリニックで薬の処方などを受ければ改善する可能性があります。AGA治療薬の種類は増えており、旧来治療が出来なかった症状でも回復する可能性が出てきているのもポイントです。

過去に治療を受けて効果が無くあきらめた人でも、別な薬であれば効果が出る可能性があります。治療を受けた時期がある場合は診察前の相談で使っていた薬や治療期間を伝えるのも方法で、無駄な時間やお金を使うことを防ぐこともできます。複数の治療を組み合わせることで効果が出ることもあるため、まず不安なことは医師に積極的に聞いていくのがおすすめです。

薄毛の遺伝子は母親からの遺伝が多い

薄毛は父親よりも母親から遺伝子が受け継がれる場合が多く、男女の差があるために分かりにくくなっている場合があります。AGAの進行を招く遺伝子はある程度特定されており、母親や、母方の兄弟の髪の残り具合の方が参考にしやすいのです。父親よりも、母親の兄や弟、祖父などの毛髪の状態に注目するのがおすすめです。

薄毛の親族が多い場合は頭皮ケアなどの基本的な対策が重要になります。AGAは生活習慣がきっかけで進行してしまう場合や、複合的な要因で薄毛になってしまう場合があるからです。ストレスをなるべく溜めない生活をすることや、食事のバランスの見直しは基本になります。高血圧や高血糖などの生活習慣病や、治療のための薬が身体に負担をかけて薄毛の要因となることもあり得ます。

まずは健康に気を配ることが前提です。薄毛が進行している親族の習慣を調べてみるのも方法です。普段からアルコールをよく飲む癖があるなど、薄毛にとってマイナスと思われる習慣を排除することで、ある程度薄毛のリスクを減らせる可能性があります。あくまでリスクを減らすだけですが、精神的な不安やストレスを和らげるためには役立ちます。

他にも早めに育毛シャンプーを利用して抜け毛を防ぐなど、髪の毛を守る頭皮環境を守る工夫も大切になります。生活習慣を調べても調べ切るのが難しいのが洗髪の習慣です。これは髪の洗い過ぎが頭皮にダメージを与えて、薄毛の原因となることもあるからです。

若いうちに髪を染めることを繰り返したなど、毛根にダメージが残る行為を行っていた場合はさらに注意が必要です。シャンプーをするときは手でしっかり泡立てて使う、シャンプーの前に念入りに予洗いをするなど、頭皮ケアの基本を学ぶこともおすすめです。薄毛対策はあくまで適切な範囲にとどめる必要があり、過剰になってしまうと逆効果になります。加減と知識のバランスも大切なのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事