MENU

CLOSE

AGA治療の成長因子注入ってなに?その施術内容と効果

AGA治療の成長因子注入ってなに?その施術内容と効果

133views

カテゴリ:未分類

成長因子注射というAGA対策をご存知ですか?

男性ならば、誰もが悩まされる可能性があるAGA(男性型脱毛症)。セルフケアでどんな頭皮ケアを行っても、うまくいかないという人も多いと思います。そんな時には、頭皮ケアではなく「治療」を行うのが一番です。これには色んな治療方法があるのですが、その中に「成長因子注射」というやり方があるのを知っているでしょうか?

成長因子とは何なのか?

成長因子は、タンパク質の一種類です。細胞増殖因子と呼ばれたり、グロースファクターと呼ばれる場合もあります。成長因子は、人間の細胞を活性化させたり、促進させる働きを見せてくれます。具体的な効果をもう少し上げてみると

  • 体力回復
  • ホルモンバランス
  • 血液循環促進
  • ストレスの安定
  • 自律神経の調整
  • 抗酸化作用

このような働きがあります。成長因子はもともと人間の体に含まれている成分なのですが、年齢を重ねていくにつれてだんだんと弱まっていくのです。それが抜け毛につながっていきます。

成長因子にはこんなにたくさん種類がある!

AGA対策にもってこいの成長因子ですが、いくつか種類が存在しています。種類によって働きも違うので、説明してみたいと思います。

  • 血管内皮細胞増殖因子

血管内皮細胞増殖因子は、血管のないところに血管を作ってくれる働きを見せてくれます。頭皮の血液不足が原因で髪の毛が抜けていきますから、頭皮の血管を増やすのはとても大切なこと。血管が増えるだけではなく、血流も増やすことができますから、より多くの栄養が頭皮に行き届きやすくなります。

  • インスリン様成長因子

インスリンと構造が似ているため、インスリン様成長因子と呼ばれています。細胞を活発化させてくれて、毛根の維持や育毛を働きかけてくれます。

  • ケラチン細胞増殖因子

髪の毛を形成している主な成分であるタンパク質は、ケラチンと呼ばれるタンパク質から作られています。そのケラチンを直接取り込んでAGA対策を目指すのがケラチン細胞増殖因子です。

  • 肝細胞増殖因子

AGAに悩んでいるほとんどの男性は、ヘアサイクルの期間が乱れています。特に、その中でも特徴的なのは、「休止期間が長い」ということです。髪の毛の成長が休止している期間が長ければ、当然髪の毛が生えてくるわけはありません。肝細胞増殖因子は、この休止期間を成長期間に切り替えてくれる働きがあります。

  • 線維芽細胞増殖因子

血管を増やして血流を促進してくれる働きがあります。先ほど紹介した、血管内皮細胞増殖因子と似たような性質ですが、それよりも優れていると言われているのです。

成長因子注射の施術について

成長因子注射は、その名の通り、頭皮に直接注射を行うやり方です。

育毛剤よりもはるかに効果が高い

「成長因子注射って、本当にそんなに効果あるの?」と言う疑問を持つ人も多いと思います。成長因子注射は、頭皮の中に直接栄養素を注入するため、 確実に栄養素が行き渡るのです。AGA対策のスタンダードな方法としては、育毛剤がありますよね。育毛剤は使い方に少しコツが必要です。頭皮にとどまらずに流れ落ちてきてしまう場合がありますし、使用量が少ないと毛根まで入らない場合もあります。成長因子注射はそのような心配がありません。

頭皮専用の極細針を利用する

頭皮に注射をすると言っても、成長因子注射専用の極細針を利用します。ですから、普通の注射のような痛みとは違います。痛みに関しては個人差がありますが、激しい痛みではなく、チクリとする程度です。

検査をじっくり行った上で実施するから安心

AGA治療は患者さんに薬の副作用が出ないように、必ず身体検査を行ってから実施します。それは成長因子注射も例外ではありません。ですから、医師から成長因子注射をストップされることもあるでしょう。その時は、素直に受け入れるようにしてください。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事