MENU

CLOSE

AGA(男性型脱毛症)に早期治療が必要な理由は進行速度と毛母細胞

AGA(男性型脱毛症)に早期治療が必要な理由は進行速度と毛母細胞

90views

カテゴリ:未分類

AGA(男性型脱毛症)には早期治療が必要な理由(その1:進行速度)

薄毛や抜け毛が気になり始めた方は、早期治療をすると早期回復が見られます。薄毛や抜け毛の原因探しを自分でやるより、AGA治療専門クリニックで医師の診断を仰いだほうがよい場合があります。もちろん、自分の頭皮ケアは自分するのが基本ですが、AGAは放おっておいても自然に治る症状ではないのです。何らかの対策を打たない限り回復することは出来ません。

現在、AGAと専門クリニックで診断された場合、治療薬があり、その治療薬によってAGAが治るのです。AGAの起こる原因は、男性ホルモンに影響されていると考えられており、この男性ホルモンの活動を抑えることによって大きな効果を出すことができます。早期発見、早期治療によってAGAの問題から解放されるのです。

また、早期治療すれば、抜け毛が早く止まり回復しますので、期間も費用も少なくて済みます。まずは、自分がAGAなのかどうか診断してもらう必要があります。皮膚科でもAGAの治療は出来ますが、AGA治療専用のクリニックは大都市の駅前にはありますので、知識と経験豊かなAGA治療専門クリニックをおすすめします。

正常な毛髪のサイクルは3段階に分けられます。3〜4か月の休止期、2〜6年の成長期、最後に約2週間で退行期です。ところが、AGAが発症するとこの成長期の期間が数カ月〜1年と非常に短くなり、髪の成長を待たずに抜けてしまいます。そして薄毛になってしまいます。早期の治療によって髪の毛の成長を促す毛母細胞のダメージを少なくすることが重要です。

実は毛母細胞の寿命が生まれた時から決まっているのです。詳しく言うと毛母細胞の分裂する回数が一生の間で決まっているので、寿命が来た毛母細胞は再びその場所に生まれることは出来ません。一般的には50回程度と言われています。AGAの症状のない人の毛周期が2年だとして、毛母細胞が髪を作る回数は50回なので、毛母細胞の寿命は100年です。

しかし、AGAの症状のある人は、成長期が半年〜1年とすると毛母細胞が髪を作る回数は50回なので、25〜50年で毛母細胞の寿命が来てしまい、以降復活することはありません。

AGA(男性型脱毛症)は早期治療が必要な理由は(その2:毛母細胞のダメージを抑える)

AGAの脱毛部分を検査するとDHT(ジヒドロテストステロン)という成分の濃度が高くなることが分かっています。そして、このDHTがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質だと考えられています。もともとは男性ホルモンとして有名なテストステロンが5αリダクションという還元酵素と結びつくとDHTが生成され、脱毛作用が生まれてしまうのです。

DHTが脱毛の進行を早め、本来の髪の毛を成長させる毛母細胞にダメージを与えるので髪の成長期間が短くなるのです。そこで、DHTの作用を遅らせることによって、毛母細胞のダメージを抑え、抜け毛を先延ばしにすることができます。まだ毛母細胞の寿命が残っている期間にAGA治療や頭皮ケアの対策を始める必要があります。

AGA対策として必要なことはDHTの発生を抑えることです。DHTは5αリダクターゼ酵素と結びついて発生するので、この5αリダクターゼの働きを抑えることによってDHTの発生を抑えることが可能になります。まずは、AGA治療専門クリニックに相談するとこのDHT検査をすることができます。

DHTが多く発生していれば、それを抑えるための治療ができます。以前からAGA薬として認定されていたプロペシア内服薬を使って5αリダクターゼII型を阻害する効果があり、2016年6月から新しく認定されたAGA薬のザ・ガーロは5αリダクターゼI型・II型を阻害する効果が認められています。

どちらも専門医師の処方が必要です。3か月ほど通院しながら発毛状況を確認します。以上のようにAGA(男性型脱毛症)に早期治療が必要な理由は、その進行速度と毛母細胞の回復の速度によるからなのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事