MENU

CLOSE

頭皮ケアの費用は重要!どれが効率的なAGA治療かを精査しよう

頭皮ケアの費用は重要!どれが効率的なAGA治療かを精査しよう

190views

カテゴリ:未分類

頭皮ケアにかかる費用を考えよう

長期的な算出が必ず必要

育毛対策や発毛対策のために頭皮ケアを考えるときには、長期的にかかる費用を必ず計算しなくてはいけません。これは、AGA治療の場合であっても例外ではなく、具体的に計算をしてどの方法が効率的にAGAを改善できるのかを考える必要があります。

例えば、頭皮ケアの製品として市場には医薬部外品として認定されている育毛剤や発毛剤が数多く存在します。育毛シャンプーなどを含めると、1ヵ月に必要になる費用は1万円程度にまでなってしまうことも珍しくありません。

実際に、頭皮ケアを綿密に行うことが可能な高価な育毛剤や育毛シャンプーは、単価であっても3千円から1万円程度のものまで幅広く存在します。単純計算で考慮しても、仮に高価なものを継続的に購入し続けていけば、だいたい1年間では10万円から20万円近くの費用を支払う計算になります。

もちろん、費用を支払って効果を体感できるのならば構いませんが、治療に医学的な根拠の必要なAGA対策に関してはこうした費用の支出が正しい行為かどうかはわかりません。ですから、必ず自身が利用している、またはこれから利用しようと考えている一般市場の製品の長期的な費用と、クリニックなどで処方される薬の費用を比較する必要があるのです。

医薬品とそれ以外で費用に大差はない

具体的に計算をすれば一目瞭然ですが、実は医薬品とそれ以外の製品には必要になる費用面での大きな差が存在しません。下記は、一回あたりに必要になる費用の比較です。

  • プロペシア…5000円から7000円程度
  • ミノキシジル…3000円から7000円程度
  • 医薬部外品…1000円から1万円程度

プロペシアに関しては、クリニックに行って処方してもらうことが可能で、初回費用での割引を考慮したとしても定期的には7000円程度の費用で収まります。ミノキシジルに関しては、この成分が含まれている製品としてリアップと言うものが存在し、リアップの価格がだいたい3000円から7000円の相場で推移しています。

つまり、医薬品として指定されているのはプロペシアとミノキシジルですが、実はこの二つは医薬部外品と価格差がほとんど存在しないわけです。なぜ価格差に違いが出ないのかと言うと、医薬部外品に関してはAGAに対する頭皮ケアだけを目的とした成分が含まれているわけではないという側面があるからです。

プロペシアは、AGA治療に特化した薬であるためそれ以外の症状の患者に対しては薬を処方することができません。ミノキシジルに関しては、プロペシアと違ってもう少し制約は緩いのですが、頭皮の血行を良くして髪の毛を成長させることに特化しているので、医薬部外品のように頭皮のケアや発毛に必要な栄養分が豊富に含まれているわけではありません。

ですから、本来はこれらの製品は目的によって使い分けることが重要で、特にAGAの患者の場合は医薬品であるプロペシアとミノキシジルだけを使って長期的な費用を抑えることを考えた方が良いのです。

自毛植毛の費用も注意

AGAの費用面でもう一つ注意をしなくてはならないのが、自毛植毛に関する費用です。手術で症状を良くする自毛植毛では、患者の頭皮に必要なドナーと薄毛の面積によって準備しなくてはならない費用が大きく変化します。これは自毛植毛の価格が、それぞれのクリニックが用意しているドナー用の髪の毛の単価を基準としているからです。

そのため、薄毛の面積が広くて移植用のドナーが数多く求められるときには、一回の手術で数十万円という費用が必要になりますので、自毛植毛をする際には具体的な費用の算出を必ず担当のクリニックの方で行ってもらう必要があるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事