MENU

CLOSE

AGAってなに?!最大の薄毛原因について徹底解説

AGAってなに?!最大の薄毛原因について徹底解説

105views

カテゴリ:未分類

AGAについて

AGAになる原因と症状

「AGA(Androgenetic Alopecia)」とは日本語で「男性型脱毛症」を意味する症状です。成人男性(20〜69歳)の約3人に1人、全国で約1260万人が抱えている症状だといわれており、薄毛で悩む人々のおよそ9割はAGAが原因だと考えられています。AGAになる原因は不規則な生活などの後天的な原因よりも遺伝などの先天的な原因の影響が大きいため、生活習慣の改善などの対策だけで症状の進行を止めることは非常に困難です。

そしてAGAは主に思春期以降に発症して、額の生え際が後退してM字型にハゲたり、頭頂部が薄くなるなどの症状が現れます。またAGAは徐々に進行速度が増していくため、AGAの対策が遅れるほど抜け毛の本数が増えるなど薄毛の症状が悪化して、治療にかかる手間や治療費などの負担が増加します。

AGAで薄毛になる仕組み

AGAの発症にともなって体内で増加する「5α-還元酵素」の作用によって、男性ホルモンの一種であるテストステロンが変異します。そして生まれた「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの影響によって髪の毛の「ヘアサイクル」が乱されます。

髪の毛にはヘアサイクルという周期が存在しており、男性の場合は3〜5年の間に「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返します。そして髪の毛は成長期に太くて長い丈夫な髪の毛へと成長しますが、AGAを発症すると成長期がとても短くなります。そのため、髪の毛が十分に成長せずに細くて短い状態で退行期を迎えるので、簡単に抜け落ちてしまうため薄毛の症状が進行してしまいます。

主なAGA対策について

AGA治療薬

AGAの治療に効果を発揮する代表的な成分には「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2つが存在しています。ミノキシジルは「VEGF」や「KGF」といった成長因子の分泌を促進することで頭皮に髪の毛の元である毛母細胞を増やしたり、髪の毛に栄養分などを供給する役割を担う血管の修復や新生などの効果を発揮します。

その結果、AGAが原因で髪の毛が抜け落ちた頭皮の発毛を促すことが出来ます。そしてフィナステリドは、AGAの症状を引き起こす原因である5α-還元酵素の働きを阻害することでDHTの生成量を減らして、AGAの症状を抑制する効果を持っています。

これら2つの成分は併用されることが多く、フィナステリドによって症状を抑えてミノキシジルにより発毛を促すという形でAGAの治療を行います。使用方法に「塗り薬」の塗布や「内服薬」の服用、そして注射針で頭皮にこれらの成分を注入する「育毛メソセラピー」などがあります。

頭皮ケア

AGAは先天的な原因で発症する場合が多い症状なので、頭皮ケアを行なうだけで十分な対策になることは殆どありません。ただし後天的な原因により発症する可能性を減らしたり、AGAの症状を緩和する効果が期待出来ます。また、頭皮マッサージや育毛シャンプーの使用などの頭皮ケアを行って頭皮環境を整えることで、AGA治療薬の成分がより頭皮に浸透しやすくなるため、治療薬の効果を高めることが出来ます。

自毛植毛

自毛植毛とは後頭部や側頭部などの薄毛が進行していない場所に生えている自分の髪の毛を、毛根ごと前頭部や頭頂部などの薄毛の症状が進行している部分に植えるAGAの治療方法です。自分の髪の毛を移植する方法なので、通常の植毛よりも植えた髪の毛が頭皮に定着しやすいという特徴があります。

また、毛根が死滅するとAGA治療薬を使用しても再び発毛させることが出来ませんが、自毛植毛は毛根ごと移植する治療方法なので毛根が死滅した頭皮に再び発毛させることが出来ます。

そして植えた髪の毛が定着した後には通常の植毛のような定期的なメンテナンスが不要であり、植えた髪の毛を普通の髪の毛と同様に扱っても問題ありません。ただし自毛植毛は美容目的の治療に分類されて保険が適用されないため、AGA治療薬を使用してAGAを治療する場合に較べると非常に高額な治療費が必要になります。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事