MENU

CLOSE

手術の方が早い!?治療に迷っている人は手術をしよう!

手術の方が早い!?治療に迷っている人は手術をしよう!

163views

カテゴリ:未分類

治療の推奨ランクが高い手術を利用しよう

AGA対策は医薬品だけ?

一般的に、AGAでは頭皮ケアや治療に関して医薬品による対策が主となっていますので、AGAの患者がクリニックに相談に行くと内服薬であるプロペシアや外用薬であるミノキシジルを用いた治療や頭皮ケアが行われます。

しかし、特にミノキシジルに関しては外用薬と言うこともあって、塗布することによって皮膚に良くない副作用が生じてしまう患者も存在します。本来、AGA治療はプロペシアとミノキシジルの併用によって進めていかなくてはならないものであるため、患者の皮膚の状態を考慮してどちらか一方しか利用することができない状況になってしまうと、上手く治療ができないケースもあります。

そこで、AGAの対策として医薬品だけに頼った方法だけではなく、外科手術によって頭皮の状態を改善しようとする手術が登場したわけです。それが、AGA患者の残っている毛髪を利用した自毛植毛と言う特殊な対策で、これを利用すれば患者に対する拒絶反応などを引き起こすことなく治療をすることができるのです。

自毛植毛は治療の推奨ランクが高い

そもそも、プロペシアやミノキシジルを利用してAGAの症状を治療していくのは、その方法が日本皮膚学会と言う学会によって有効な手段であるということが医学的に認められているからです。基本的に、AGAに関する対策はこの学会が発表している方法が参考にされており、通常は医学的根拠があると判断されているBランクまでの方法を利用することによってAGAの改善を行うことが可能です。

そして、外科的な手術としてAGA対策に有効だと判断されているBランクの手術が自毛植毛と言う手術になるわけです。自毛植毛は、それまで主流であった人工毛髪による手術と違って患者自身の髪の毛を使い、AGAに強い発毛を促そうとする試みのことを意味します。

実際に、人工毛髪の移植によるAGA対策では、医学的な推奨ランクは最低ランクのDとなっており、医学的な根拠のある自毛植毛とはかなり状況が異なっています。ですから、自毛植毛と言う手術を行えば高い確率で症状を緩和することができるでしょう。

薬よりも短期間で効果が出る

自毛植毛の大きな利点は、プロペシアやミノキシジルと言った医薬品を利用した方法と異なって、比較的短い期間でAGA治療の効果を体感できる点にあります。一般的に、プロペシアやミノキシジルは長期の利用を前提として利用する薬であるため、効果を体感する前にその使用を止めてしまうと、AGAの治療になるどころか髪の毛の本数が少なくなって逆効果になってしまう可能性もあります。

これは、プロペシアの効果として初期脱毛と言う効能が存在し、中途で止めてしまうと初期脱毛の時期に効果が終わってしまうからです。プロペシアもミノキシジルも、普通は2年や3年と言った複数年での治療が推奨されていて、治療する期間が長くなるほど医薬品によって受け取ることが可能な恩恵も大きくなることがわかっています。

一方で、自毛植毛は手術をしてからその手術が成功したかどうかは、早い人であれば2ヶ月から3ヵ月程度の期間でわかります。これは、手術をした髪の毛の脱毛症状が、早い人であればそれくらいの時期に出てくるからです。自毛植毛の場合には、移植した自身の髪の毛が頭皮に定着し、その下からAGAに強い質の良い髪の毛が生えてくることが手術の成功の条件となります。

つまり、それが確認できれば後は自由にヘアスタイルも決めていくことができますので、自毛植毛の方が治療としては短期で効果がわかる可能性が高いのです。そのため、医薬品による治療を迷っている人は医学的な推奨ランクが高い自毛植毛も検討すると良いでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事